【ジョンソンコントロールズ・オートモーティブ】シート全部から中身まで

業界 レスポンス

ジョンソンコントロールズから近々独立する、ジョンソンコントロールズ・オートモーティブ(以下JCA)。同社はレカロも傘下に置くシートのトップメーカーだ。

同社が扱うシート事業は大きく5つに分けられる。まずはコンプリートシートだ。これは、シート全部を受注するもので、「25年以上のJIT(ジャストインタイム)生産の実績があり、自動車会社の隣に工場を構えて生産行ってきた」と述べるのは、ジョンソンコントロールズ・オートモーティブジャパン社長の内田博之氏だ。

次に、トリム事業で、これは、シートの中のトリムと呼ばれる表皮だけを受注する仕事だ。内田氏によると、「カット&ソーから、生地そのものも販売している」という。

そして、フォーム事業はシートの中のスポンジを受注する仕事だ。「フォームは50年以上にわたり提供している。他メーカーもフォームを作っているが、フォーム素材の配合を自社行っているのが我々の強みだ。これにより硬さを変えたり、フォームの戻りなどを的確に注文に応えられる」と説明。

メタル&メカニズム事業は、カイパーというレカロの親会社を買収したことで発展した。「特にカイパーのリクライナーの評価が高く、他メーカーでは真似の出来ないフィーリングを持っている」と内田氏。

最後はレカロ事業で、日本では滋賀に工場がある。「ここはパッセンジャーカーのOEMと、アフターマーケット品を作っている工場だ」とし、レカロ事業に関しては、「現在はブランドを分ける意味もあってなるべくタッチしないという方針だ」と話す。

同社の基本的な開発の考え方について内田氏は、「先進的な技術を投入して行くと同時に、我々はクラフトマンシップが得意だ」と述べる。具体的には、「我々はシートの表面や座り心地を重要視している。そこで、そういったノウハウや評価が出来るマイスターと呼ばれる職人が各拠点におり、そのマイスターが座ることでそのシートの強みや欠点がわかるようになっている」。そして、「この点は、他メーカーと比較をしても優秀だと評価され、このコンセプトはどの自動車メーカーからも歓迎されている」と語った。

  • 内田俊一
  • 【ジョンソンコントロールズ・オートモーティブ】シート全部から中身まで《撮影 内田俊一》
  • 【ジョンソンコントロールズ・オートモーティブ】シート全部から中身まで《撮影 内田俊一》
  • ジョンソンコントロールズ・オートモーティブジャパン社長の内田博之氏《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ