【F1】マクラーレン・ホンダ、2017年はアロンソとバンドーンの布陣で決定、バトンは開発担当に

モータースポーツ レスポンス

マクラーレン・ホンダは3日、F1イタリアGPが開催されているモンツァで2017年のドライバーズラインナップを発表し、フェルナンド・アロンソとストフェル・バンドーンを起用することを明らかにした。

ホンダ復帰2年目の今年は、パワーユニットのレベルアップも見られ、ポイント獲得の機会が増えている。特にアロンソが活躍をみせ、モナコGPでの5位をはじめ4度の入賞。ここ最近はQ3にも進出を果たしている。

バンドーンは、2015年にGP2チャンピオンを獲得。今年はチームのリザーブドライバーを務める一方で、全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦。いきなり開幕戦で3位表彰台を獲得すると第3戦富士では雨の中予選ポールポジションを獲得。またF1第2戦バーレーンGPでは、直前のクラッシュでドクターストップを受けたアロンソに変わって代役参戦。デビュー戦ながら10位入賞を果たすなど、少ないチャンスをものにする力強さもみせた。

なお、レギュラーシートをバンドーンに引き継ぐ形となったジェンソン・バトンは引き続きチームに残り、2018年まで開発担当などの役割を担うとのことになる。これで事実上、レギュラーシートから離れるのだが、現役引退ということに関しては否定している。

マクラーレンの会長兼CEOのロン・デニスは「来期のレースドライバーは、優れた才能で定評あるフェルナンドと未知なるポテンシャルを持つストフェルの2名で、これ以上無いバランスの取れた完璧なコンビになる。ジェンソンとは2018年まで契約を延長することで、マシン開発はもとより、引き続きチームにとって重要な役割を担ってもらえる。来シーズンのライバル達との戦いに、彼の長年にわたる経験と知識が我々のアドバンテージになることは間違いない」とコメント。

来期からの体制変更によって、マクラーレン・ホンダがどれくらいレベルアップできるか、さらに期待がかかりそうだ。

  • 吉田 知弘
  • フェルナンド・アロンソ(c) Getty Images
  • ストフェル・バンドーン(c) Getty Images
  • ジェンソン・バトン(c) Getty Images
  • ジェンソン・バトンとフェルナンド・アロンソ(c) Getty Images
  • デビュー戦でいきなり入賞したバンドーン(c) Getty Images
  • マクラーレン・ホンダ(c) Getty Images
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ