アウディ、48VのマイルドHVを実用化…2017年

エコカー レスポンス

ドイツの高級車メーカー、アウディ。同社が2017年、48Vのマイルドハイブリッドシステムを市販車に搭載することが分かった。

これは、アウディのドイツ本社が明らかにしたもの。同社は、「2017年に市場導入を計画しているアウディの次世代モデルでは、48Vシステムが主要な電源システムとなる予定」と公表している。

48Vのマイルドハイブリッドシステムは、欧州の自動車メーカーが力を入れている技術。フルハイブリッドに対して、低コストで燃費向上の効果を引き出せるメリットに、欧州勢は着目している。

アウディは、同社の電動化戦略の中核的なテクノロジーとして、48Vの電源システムの実用化を目指す。2017年、最初の市販車が登場する見通し。

アウディは、「高性能なマイルドハイブリッドシステムが実現すれば、100km走行あたり、最大0.7リットルの燃料消費量削減が期待される」と説明している。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ