シュコダの新型SUV、コディアック…初公開

新車 レスポンス

フォルクスワーゲングループに属し、チェコに本拠を置くシュコダは9月1日、ドイツ・ベルリンにおいて、新型車の『コディアック』を初公開した。

コディアックは、シュコダの大型SUV。ボディサイズは、全長4697mm、全幅1882mm、全高1676mm、ホイールベース2791mm。フロントの縦メッキグリルは、シュコダのアイデンティティ。シュコダは、「シュコダのデザイン言語をSUVセグメントに導入した」と説明する。

インテリアはモダンかつ明快、魅力的なデザインをコクピットに採用。ダッシュボードは、左右対称のデザインで、中央にタッチパネルモニターをレイアウトした。スイッチ類は、高い操作性を追求する。シートには、高品質の素材を導入。シュコダによると、とくに前席の乗員に、優れた快適性を提供するという。

3列シートはオプション。最大で7名が乗車できる空間を持つ。荷物スペースはクラス最大。容量は通常状態で720リットル。後席を倒せば、2065リットル(いずれもVDA計測法)に拡大する。

パワートレインには、フォルクスワーゲングループのガソリン「TSI」3機種とディーゼル「TDI」2機種を設定。ガソリンで最もパワフルなのは、「2.0TSI」。2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力180psを引き出す。トランスミッションは、6速MTおよびDSGを組み合わせている。

  • 森脇稔
  • シュコダ コディアック
  • シュコダ コディアック
  • シュコダ コディアック
  • シュコダ コディアック
  • シュコダ コディアック
  • シュコダ コディアック
  • シュコダ コディアック
  • シュコダ コディアック
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ