輸入車販売、フォルクスワーゲン33.0%減で3位転落 8月ブランド別

業界 レスポンス

日本自動車輸入組合が発表した8月のブランド別輸入車新規登録台数によると、メルセデスベンツが前年同月比4.9%増の4805台で、18か月連続トップとなった。

メルセデスは、累計販売台数も前年同期比1.1%増の4万2092台で、2位フォルクスワーゲン(VW)に1万台以上の差をつけ、2年連続トップを確実なものにしつつある。

前月2位だったVWは前年同月比33.0%減の2908台と大きく落ち込み、BMWに抜かれ3位転落となった。

8月の輸入車販売台数ランキング上位10ブランドは以下の通り(カッコ内は前年同月比)。

1位:メルセデス・ベンツ 4805台(4.9%増)

2位:BMW 3374台(15.6%増)

3位:フォルクスワーゲン 2908台(33.0%減)

4位:アウディ 1966台(7.1%減)

5位:日産 1617台(28.5%増)

6位:BMW MINI 1563台(20.8%増)

7位:トヨタ 1098台(15.8%増)

8位:ボルボ 1029台(13.8%増)

9位:ジープ 753台(54.9%増)

10位:スズキ 679台(406.7%増)

  • 纐纈敏也@DAYS
  • メルセデスベンツ Cクラス
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ