住友化学、韓国でリチウムイオン二次電池用セパレータ生産を増強

業界 レスポンス

住友化学は、リチウムイオン二次電池用セパレータ「ペルヴィオ」の韓国子会社SSLM社における生産能力を現行比約4倍まで引き上げると発表した。段階的に設備を増強し、2017年8月以降、順次量産を開始する。

近年、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHEV)の販売が伸長する中、車載用を中心にリチウムイオン二次電池の需要は急速に拡大している。住友化学はこれまで、大江工場(愛媛県新居浜市)の生産能力増強や、SSLM社での工場新設によりペルヴィオの生産能力を引き上げてきたが、さらなる需要の拡大が見込まれるため、SSLM社の生産能力増強を決定した。

リチウムイオン二次電池は、EVやスマートフォンの高機能化や軽量化、長時間使用などのニーズに応じて、高容量化と安全性の両立が求められている。ペルヴィオはポリオレフィン基材にアラミド樹脂で耐熱層を形成することで、電池の安全性確保に寄与する点が特長で、主に車載用途で採用されている。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ