【MotoGP 日本グランプリ】中須賀克行、もてぎ戦でのワイルドカード参戦が決定

モータースポーツ レスポンス

ヤマハ発動機株式会社は6日、10月14〜16日にツインリンクもてぎで開催されるMOTUL日本グランプリに、中須賀克行がワイルドカード参戦する事を明らかにした。

中須賀は今年も全日本ロードレース選手権の最高峰クラスJSB1000に参戦。開幕戦から勝利を重ねており、前人未到の5年連続チャンピオンも見えてきている。また7月末に鈴鹿サーキットで行われた2016“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレースではポル・エスパルガロ、アレックス・ローズらとともに2連覇を成し遂げた。

日本GPへの参戦は2012年から5年連続。今回は「YAMALUBE YAMAHA FACTORY RACING TEAM」から参戦しマシンは『YZR-M1』だ。

中須賀はヤマハのリリースで「昨年は、日本グランプリでの自己ベストを更新し、決勝でもシングルフィニッシュ(8位)するなど、YZR-M1も自分自身も進化していることを証明できました。今回も引き続き、開発評価という役割を担っての出場になりますが、世界最高峰のライダーとマシンを相手にどこまで戦えるか、年に一度の腕試しとして、全力でチャレンジします。昨年の日本グランプリでは、鈴鹿8耐で組んだエスパルガロ選手、スミス選手とバトルできましたが、今年も彼らと同じ位置でバトルすることが目標。ファンの皆さん、ぜひ、会場に来て応援してください。そして一緒に日本グランプリを盛上げましょう」とコメント。

昨年は雨の中で8位を獲得する活躍を見せたが、今年はさらに上位を目指す。

  • 吉田 知弘
  • 中須賀克行《画像 Getty Images》
  • 中須賀克行《撮影 吉田 知弘》
  • 中須賀克行
  • 2016鈴鹿8耐決勝《撮影 益田和久》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ