アウディ A5スポーツバック 新型、5ドアクーペが2世代目に

新車 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、アウディは9月7日、新型『A5スポーツバック』を欧州で発表した。

初代A5スポーツバックは、2009年7月にデビュー。『A4』や『A5』のシャシーを基本に開発された5ドアクーペ。大型のリアゲートを備えることから、「スポーツバック」の呼称が採用された。

新型A5スポーツバックは2世代目モデル。すでに、欧州で発表されている新型『A5クーペ』に続く、新型A5ファミリーの第2のモデルとなる。クーペの持つエレガントさや知性に、5ドアの実用性やスペースを融合させることを目指して開発された。

新型のボディサイズは全長4733mm、全幅1843mm、全高1386mm、ホイールベース2824mm。初代(全長4711mm、全幅1854mm、全高1391mm、ホイールベース2810mm)に対して、22mm長く、11mmスリムで、5mm背が低い。ホイールベースは14mm延ばされた。

室内空間は、初代A5スポーツバックよりも拡大。室内長は17mm伸び、前席のショルダールームは最大11mm、後席のひざ元は最大24mm増やした。トランク容量は480リットル(VDA計測法)。アウディは、「クラスで最も広い」と説明している。

  • 森脇稔
  • アウディ A5 スポーツバック 新型
  • アウディ A5 スポーツバック 新型
  • アウディ A5 スポーツバック 新型
  • アウディ A5 スポーツバック 新型
  • アウディ A5 スポーツバック 新型
  • アウディ A5 スポーツバック 新型
  • アウディ A5 スポーツバック 新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ