VWと中国江淮汽車、EV共同開発へ…合弁事業で暫定合意

業界 レスポンス

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲングループは9月7日、中国の江淮汽車との間で、合弁事業について暫定的に合意した、と発表した。

江淮汽車は1964年、安徽省に設立。中国の民族系自動車メーカーで、トラックなどの商用車を得意とする。ミニバンの『瑞風』は、中国MPV市場で高いシェアを誇る。同社のブランド名がJAC。日本には2006年、JAC設計センターを置いている。

今回、フォルクスワーゲングループは、中国の江淮汽車との間で、合弁事業について暫定的に合意。その主な内容は、中国におけるEVの共同開発に向けて、長期的な協力関係を締結するというもの。

フォルクスワーゲングループに関しては2015年秋、排ガス試験を巡る不正が発覚。その後同社は、次世代の環境対応車として、EVなどの電動パワートレインにシフトしていく方針を示していた。

フォルクスワーゲングループ中国のヨッヘム・ハイツマン社長兼CEOは、「eモビリティにおいて、顧客の需要に見合うよう、努力していく」と述べている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ