通行を巡るトラブル、相手を約1.5kmに渡ってひきずった男を逮捕

社会 レスポンス

神奈川県警は6日、神奈川県横浜市青葉区内の市道で通行を巡るトラブルとなった男性をひきずって負傷させたとして、41歳の男を殺人未遂容疑で逮捕した。殺意については否認しているという。

神奈川県警・青葉署によると、殺人未遂容疑で逮捕された港北区内に在住する41歳の男は、5日の午後7時40分ごろ、横浜市青葉区美しが丘付近の市道を軽乗用車で走行していた際、横断歩道を渡っていた36歳の男性と通行を巡るトラブルとなった。

男性は男に対して「警察を呼ぶ」と言ったが、男はこの直後にクルマを発進。男性は逃走を阻止しようと運転席側の窓にしがみついたが、約1.5kmに渡ってひきずられる状態となり、両腕を打撲する軽傷を負った。男はクルマを放置して逃走したが、6日になってから警察へ出頭していた。

聴取に対して男は「初めてのことでパニックになっていた。逃げることに夢中になっていた」などと供述。殺意については否認しているようだ。警察では双方から事情を聞き、事件発生の経緯を詳しく調べている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ