ロボットの基本性能を追及…デンソーウェーブが新型HSRシリーズを発売

業界 レスポンス

デンソーウェーブは、新型高速スカラロボット「HSRシリーズ」(可搬8kgモデル)を10月から発売する。

今回発売するHSRシリーズは、実工程で求められる基本性能である「速く動き始める」、「速く動き続ける」、「正確に止まる」の3点の基本性能を徹底追求した。瞬間最大速度ではなく、CPM(1分間の仕事量)にこだわり、高速連続稼働を可能とし、さまざまな高速アプリケーションの対応に貢献する。

モータ配置などを抜本的に見直し、アーム先端の軽量化を図った。放熱性を向上させ、実工程で求められる連続稼働による高速性を可能にしたとしている。剛性強化した新型アームとシャフトの採用により、可搬質量8kgを実現する。

長年ロボットを内製してきた同社独自のノウハウにより、機械設計と制御を高次元で連携させる。アームの状態を動的に制御に反映させ、短時間でアーム先端の制振を可能にした。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ