トヨタ プリウス 新型、最初のリコールは米国…エアバッグに不具合

テクノロジー レスポンス

トヨタ自動車が、世界市場に投入した新型『プリウス』。同車の最初のリコール(回収・無償修理)が、米国で行われる。

これは9月14日、トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売が明らかにしたもの。新型プリウスのうち、米国市場に初期に導入された2016年モデルに関して、リコール(回収・無償修理)を発表している。

今回のリコールは、エアバッグの不具合が原因。米国トヨタ販売によると、助手席エアバッグのインフレータ内部の圧縮されたガスが、エアバッグの製造段階の不備により、漏れ出すおそれがある。このため、事故を起こしていないのにエアバッグが部分的に展開し、乗員が負傷したり事故につながるリスクがあるという。

リコールの対象となるのは、2016年モデルの一部。米国で販売されたおよそ7600台が、リコールに該当する。米国トヨタ販売は、「この不具合は駐車中の車両および、一定期間、動かしていない車両で起きている」と説明する。

米国トヨタ販売は、対象車を保有する顧客に連絡。販売店において、助手席エアバッグ一式を交換するリコール作業を実施する。

  • 森脇稔
  • トヨタ プリウス 新型(北米仕様)
  • トヨタ プリウス 新型(北米モデル)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ