マツダ「“Zoom-Zoom”フォーラム」を開催…最新技術など紹介 10月29-31日

モータースポーツ レスポンス

マツダは、「サステイナブル“Zoom-Zoom”フォーラム2016 in 横浜」を10月29日から31日までマツダR&Dセンター横浜で開催。9月15日より応募専用サイトにて、同フォーラムへの参加者の募集を開始した。

同フォーラムは、「走る歓びと優れた環境・安全性能の両立」をテーマに、マツダの取り組みを紹介し、参加者とマツダの絆を深めることを目的に開催しているもので、今年で10回目となる。

今年は「人間中心のクルマづくり」を主題に、マツダが目指す理想のクルマや、コクピットへのこだわりについて説明。さらに、新世代車両運動制御技術「SKYACTIV-ビークル ダイナミクス」の第一弾で、新型『アクセラ』や『アテンザ』に搭載する「G-ベクタリング コントロール」などの最新技術を解説する。

また、正しい運転姿勢のとり方を個別に説明・指導するレッスンは、さらに内容を充実させ実施するとともに、毎年行っているマツダ技術者との意見交換など、学びながら楽しく過ごせるプログラムを用意する。

フォーラムは10月29日午後の部(14時00分〜17時20分)、30日午前の部(9時00分〜12時20分)、同午後の部(14時00分〜17時20分)、31日午前の部(9時00分〜12時20分)の計4回開催。定員は各回60名で参加は無料。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ