創業者生誕100周年&ミウラ50周年、ランボルギーニデイ開催…チェンテナリオも披露

業界 レスポンス

アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンは9月16日、聖徳記念絵画館(東京都新宿区)において、創業者、フェルッチオ・ランボルギーニの生誕100周年、そして『ミウラ』誕生50周年を記念してランボルギーニデイを開催した。

フェルッチオ・ランボルギーニは1916年4月28日、イタリア、ボローニャ市の北に位置するレナッツォで生まれた。1963年、自動車メーカー、アウトモビリ・フェルッチオ・ランボルギーニを設立。これが現在のランボルギーニの起源だ。その後1964年には『350GT』、そして、『400GT』を誕生させた。

そして、1966年のジュネーブショーでミウラがデビューした。前年のドリノショーで公開されたミッドシップレイアウトのシャシーをベースに、カロッツェリア・ベルトーネがボディをデザインしたもので、全部で750台強が生産されたといわれる。

聖徳記念絵画館で開催されたランボルギーニデイでは、生誕100周年を記念してジュネーブショー16でデビューした『チェンテナリオ』をアジア初公開。更に、「ランボルギーニ・デイ コンクール・デレガンス TOKYO 2016」も開催され、10台のミウラのほか、350GT、400GTをはじめ、『イスレロ』、『ウラッコ』、『カウンタック』(クンタッチ)など、歴代のランボルギーニが30台以上集まった。

そのほかにも、会場にはミウラ50周年を記念したスペシャルエディション、『アヴェンタドール・ミウラ・オマージュ』や、2015年より本格的に稼働した同社のレストア部門、ランボルギーニ・ポロストリコの手による「ミウラSV」も展示された。このミウラはシャシー番号4864で、ミウラSVのプリプロダクションモデルにあたり、1971年のジュネーブショーでカロッツェリア・ベルトーネのブースに展示されたモデルそのものである。

また、この会場を基点にランボルギーニオーナーによるパレードも実施。60台以上の新旧ランボルギーニが参加し、イベントに華を添えていた。

そして、翌17日は、富士スピードウエイまでツーリングを行い、現地で開催されているランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ・アジアシリーズ2016のレース前にサーキットでパレードが行われた。

  • 内田俊一
  • ランボルギーニ チェンテナリオ《撮影 内田俊一》
  • ランボルギーニ チェンテナリオ《撮影 内田俊一》
  • ランボルギーニ チェンテナリオ《撮影 内田俊一》
  • ランボルギーニ チェンテナリオ《撮影 内田俊一》
  • ランボルギーニ チェンテナリオ《撮影 内田俊一》
  • ランボルギーニ アヴェンタドール ミウラ オマージュ《撮影 内田俊一》
  • ランボルギーニ・デイ コンクール・デレガンス TOKYO 2016《撮影 内田俊一》
  • ランボルギーニ ミウラSV(プリプロダクション)《撮影 内田千鶴子》
  • ランボルギーニ ミウラ《撮影 内田千鶴子》
  • ランボルギーニ ミウラ《撮影 内田俊一》
  • ランボルギーニ カウンタック《撮影 内田千鶴子》
  • ランボルギーニ 350GT《撮影 内田千鶴子》
  • ランボルギーニ 400GT《撮影 内田千鶴子》
  • ランボルギーニ イスレロ《撮影 内田千鶴子》
  • ランボルギーニ ハマラ《撮影 内田千鶴子》
  • ランボルギーニ  ウラッコ《撮影 内田千鶴子》
  • ランボルギーニ ヤルパ《撮影 内田千鶴子》
  • ランボルギーニ LM002《撮影 内田千鶴子》
  • ランボルギーニデイ開催《撮影 内田俊一》
  • ランボルギーニデイ開催《撮影 内田俊一》
  • ランボルギーニデイ開催《撮影 内田俊一》
  • ランボルギーニ カウンタック《撮影 内田俊一》
  • ランボルギーニデイ開催《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ