【成都モーターショー16】BMW X1 の中国専用ロング、PHVを追加

新車 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、BMWは9月上旬、中国で開幕した成都モーターショー16において、『X1 xDrive25Le iパフォーマンス』を初公開した。

BMWは2016年4月、中国で開催された北京モーターショー16において、新型『X1』の「ロングホイールベース」を発表。BMWは『5シリーズ』と『3シリーズ』に、中国市場専用のロングホイールベース車を設定。今度は新型X1にも、中国市場の顧客が好むロングホイールベース車を、中国専用モデルとして投入した。

今回、成都モーターショー16で初公開されたX1 xDrive25Le iパフォーマンスは、新型X1のロングホイールベースに追加されたプラグインハイブリッド車(PHV)。「iパフォーマンス」は、BMWブランドの電動パワートレイン搭載車に冠される名称となる。

フロントに積まれるのは、1.5リットル直列3気筒ガソリンターボエンジン。最大出力136hp、最大トルク22.4kgmを発生する。トランスミッションは6速で、エンジンのパワーが前輪を駆動する。

最大出力95hp、最大トルク16.8kgmを引き出すモーターはリアアクスルに配置され、後輪を駆動。エンジン駆動の前輪と合わせて、4WDとなる。eBoostモードでは、エンジンとモーターを合わせたシステム全体で、最大トルク39.2kgmを獲得する。

二次電池は、蓄電容量10.7kWhのリチウムイオンバッテリー。モーター単独で60kmのゼロエミッション走行可能なEVモードの効果もあり、55.5km/リットルという優れた燃費性能を実現している。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ