【パリモーターショー16】ブリヂストン、路面状態判別技術「CAIS」を紹介

新車 レスポンス

ブリヂストンは、10月1日から16日まで開催される「パリ国際モーターショー 2016」に、同社グループが取り組む「イノベーションで一人ひとりを支える」をテーマとして出展する。

今回のブースでは、「イノベーティブな世界観」と「心地よい、おもてなし空間」をベースに、「環境」「安全・安心」「プレミアム」のメッセージの下、「技術イノベーションゾーン」「プレミアムカテゴリー商品ブランド」「ファイアストンブランド」の3エリアに分けて同社グループの製品や技術を紹介する。

技術イノベーションゾーンでは、空気圧ゼロでも一定距離を走行できる「ランフラットテクノロジー採用タイヤ」や次世代低燃費タイヤ「ECOPIA with ologic」に加え、同社独自の路面状態判別技術「CAIS」を最新型スクリーンと映像で紹介する。

プレミアムカテゴリー商品ブランドゾーンでは、同社のグローバルタイヤブランド「POTENZA」「TURANZA」の代表的な製品を展示。ファイアストンブランドゾーンでは、同ブランドの歴史や欧州向けに販売している補修用タイヤの展示とともに、ブリヂストングループが独占タイヤ供給するインディカーレースの映像を通じて、同ブランドについて紹介する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ