VWジャパン シェア社長、ディーゼル投入「まだタイミングの見極め段階にある」

業界 レスポンス

フォルクスワーゲン(VW)グループジャパンのティル・シェア社長は、ディーゼルエンジン搭載車の日本市場への導入について「我々ももちろん検討している」としながらも、「今はまだそのタイミングの見極め段階にある」との認識を示した。

シェア社長は9月21日に都内で開いた『ザ・ビートル』改良新型モデルの発表会、報道陣の囲み取材に応じ、「ここ2〜3年の間、日本市場でディーゼルの比重が高まってきているというか、その重要性が増してきていると思っているので、我々ももちろんディーゼルの投入は検討している」と述べた。

その一方で、「これはただ単にガソリンエンジンのリプレス―ではなく、新たな側面からみる必要がある」と指摘、「ひとつにはディーゼルエンジン以外にもプラグインハイブリッドがある。これに関しては『ゴルフ GTE』、『パサート GTE』ですでに日本に導入しているが、将来的にはピュアEV(電気自動車)も導入したいと考えている。それに加えてディーゼルも、ということで、多方面での検討を行っており、日本にも是非ディーゼルを投入したいが、今はそのタイミングの見極めの段階にある」と説明した。

  • 小松哲也
  • VW ザ・ビートル 改良新型 発表会《撮影 小松哲也》
  • VW ザ・ビートル 改良新型 発表会《撮影 小松哲也》
  • VW ザ・ビートル 改良新型 発表会〈撮影 高木啓〉
  • 発表会で振る舞われたスナック&スイーツ。新型車にちなんでカラフル。〈撮影 高木啓〉
  • 発表会で振る舞われたスナック&スイーツ〈撮影 高木啓〉
  • 発表会で振る舞われたスナック&スイーツ〈撮影 高木啓〉
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ