【CEATEC 16】クラリオン、自動運転社会に向けた車載情報システム技術を紹介

テクノロジー レスポンス

クラリオンは、10月4日から7日の4日間、幕張メッセで開催される最先端IT・エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2016」に出展すると発表した。

今回は、IoT社会に向けたクラリオンの技術プレゼンテーション「Smart Access for life by IoT」をメインテーマに出展。ブースはステージ、統合HMI技術ゾーン、カメラ技術ゾーン、アフターマーケットゾーン、Full Digital Soundゾーン、コマーシャルビークルゾーン、日立グループ連携ゾーンで構成する。

ブース正面に配置するステージでは、クラリオン独自のクラウドサービス「Smart Access(スマートアクセス)」を核とするIoT社会に向けた車載情報システム技術をプレゼンテーションする。統合HMI技術ゾーンでは、キャビン型モックアップによるスマートコックピットを展示。表示、音声、振動などにより、ドライバーに確実に情報を提供する自動運転社会に向けた統合HMI技術を紹介する。

カメラ技術ゾーンでは、運転時の視認性向上を目的に開発を進めるメガピクセルカメラ、水滴や汚れの付着を防御するレンズコート技術「親水コート」を展示する。アフターマーケットゾーンでは、安全走行・駐車をサポートする映像システム「SurroundEye(サラウンドアイ)」を紹介。Full Digital Soundゾーンでは、音源からスピーカーまでの完全デジタル再生を実現する車載用Full Digital Soundシリーズ搭載デモカーによる試聴を実施するほか、10月から発売するフルデジタルサウンドテクノロジー搭載ヘッドホン「ZH700FF」を展示する。

コマーシャルビークルゾーンでは、業務車両向けの車載端末「CV Solid AD」を展示するほか、介護ロボット「服薬支援ロボ」でのスマートフォン連携のデモを実施。日立グループ連携ゾーンでは、自動運転の実現に向け日立グループが取り組む先進運転支援システムなどの技術紹介を行う。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • Full Digital Soundゾーン
  • 統合HMI技術ゾーン
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ