駐車場に突っ込む---重体の運転者は疾病?

社会 レスポンス

18日午後8時40分ごろ、富山県黒部市内の県道を走行していた軽乗用車が路外に逸脱。道路左側の歩道に乗り上げ、そのまま民家敷地内の駐車場に突っ込む事故が起きた。この事故でクルマを運転していた51歳の男性が意識不明の重体となっている。

富山県警・黒部署によると、現場は黒部市荒町付近で片側1車線の直線区間。軽乗用車は斜行するようにして道路左側の歩道へ進入。前方にある民家敷地内の駐車場へ突っ込んだ。

軽乗用車は駐車中のクルマ1台と衝突。運転していた入善町内に在住する51歳の男性は近くの病院へ収容されたが、意識不明の重体。駐車中のクルマは無人で、民家の住人にもケガはなかった。

事故当時、現場で雨が降っていて路面が滑りやすい状態だった。負傷した男性には目立つ外傷が無く、比較的低い速度で衝突したとみられることから、警察では疾病原因で意識を失っていた可能性も視野に入れ、事故発生の経緯を詳しく調べている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ