マツダ、米国販売の CX-9 で新色「マシーングレー」が1番人気に

業界 レスポンス

マツダは、今年6月に米国市場に投入した中型SUV『CX-9』で初採用した新開発の車体カラー「マシーングレープレミアムメタリック」の比率が24%と最多になったと明らかにした。

マシーングレーは、陰影のコントラストと表面の緻密さによって「金属質感」を追求したという新色。2012年に投入し、国内外で高い評価を得てきた「ソウルレッドプレミアムメタリック」に続く「匠(たくみ)塗り」の第2弾として開発した。

このカラーの最初の採用は海外市場に特化したCX-9とした。同モデルは米国で6〜8月に約6000台(前年同期比22%増)を販売したが、マシーングレーはほぼ4分の1を占め、ソウルレッド(比率は9%)などを抑えて1番人気になった。

マシーングレーは、国内では7月に発売の改良型『アクセラ』に初採用されている。アクセラでも発売後1か月での受注比率が21%と、トップのソウルレッド(22%)と肩を並べた。同社期待の新色は、国内外で好調なスタートとなっている。

  • 池原照雄
  • マツダは、広島市の本社工場で、CX-9 を国内で初公開した《撮影 池原照雄》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ