冠水に気がつかずアンダーパスに進入、女性が死亡…規制の内側から来る

社会 レスポンス

20日午後6時30分ごろ、愛知県清須市内の県道で冠水のために通行が規制されていたアンダーパスにワゴン車が進入。水没する事故が起きた。運転していた69歳の女性は収容先の病院で死亡。規制区間の内側から進入したものとみられる。

愛知県警・西枇杷島署によると、現場は清須市清洲田中町付近で片側1車線の緩やかなカーブ。JR東海道新幹線と東海道本線の下を通るアンダーパスとなっている。当日は接近していた台風16号由来の大雨によって道路が約3mの深さで冠水。午後5時ごろから通行が規制されていたが、ワゴン車は規制区間の内側にある駐車場からアンダーパスに向かい、冠水していることに気がつかずに進入したとみられる。

クルマの進入を目撃した人が警察に通報。駆けつけた同署員が水没した状態のクルマを発見し、地元消防などが運転していたあま市内に在住する69歳の女性を救出。女性は意識不明の状態で近くの病院へ収容されたが、回復することなく約12時間後の21日早朝に死亡している。

通行の規制はアンダーパス部分を含む約300m区間だったが、Uターンを可能とするためにアンダーパスから離れた交差点が規制区間の開始点となっていた。開始点からアンダーパス入口までの区間には駐車場などがあり、内側から進入できる状態だった。またアンダーパスの約10m手前には冠水を知らせる電光表示板も設置されていたが、事故当時は故障していたという。冠水している場所はカーブの先で直接の目視もできない状態だった。

警察ではこれらの条件が重なり、死亡した女性が冠水に気づくことなく、アンダーパスに進入したことが事故につながったものとみて、県の依頼で規制を実施した関係者からも事情を聞くとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ