スマホ&車載タグを使った運転モニター…あいおいニッセイ同和が提供へ

テクノロジー レスポンス

あいおいニッセイ同和損害保険は、米国キャンブリッヂ・モービル・テレマティクス(CMT)との協業で、スマートフォンを活用したテレマティクスモニター制度を2017年1月から実施する。

モニター制度は、同社自動車保険契約者を対象に、スマートフォンの専用アプリ「Visual Drive」を活用した安全運転診断サービスを一定期間、試験的に提供するもの。運転に不安のある高齢者や、カーライフを始めたばかりの若年層を中心に安全運転を促進するサービスを提供していくのが目的。

今回協業するCMTは、専用タグとスマートフォンのアプリを自動接続させる仕組みにより、タグを車に取付けておくことで、契約者がスマートフォンを携えて車の乗り降りをすれば、アプリが自動でON/OFFとなり、保険を付保している車両の走行データのみを確実に取得することができる。

この仕組みでは走行データを運転終了後、まとめて一括送信し、その通信回線もWi-Fiに限定することが可能なため、利用者にとって負担感無く利用できる。

モニター制度の対象者は1万台程度を予定しており、2017年1月から2018年9月末まで実施する。

モニター対象者には、一人ひとりの走行データを分析し、安全運転診断、運転特性に応じた安全運転のヒントをスマートフォンアプリで提供する。同社からは毎月、安全運転に役立つ情報を提供するほか、事前の情報入力で免許更新時期・車検満了時期を案内する。

家族の連絡先を事前に指定した場合、家族へ対象者本人の過去1カ月分の運転診断レポートを毎月提供する。これにより、家族は対象者本人が安全運転しているかを確認できる。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ