【CEATEC 16】村田製作所、BroadR-Reach用コモンモードチョークコイルを商品化

業界 レスポンス

村田製作所は、車載イーサネット「BroadR-Reach1(100Mbps)」に対応したコモンモードチョークコイル「DLW43MHシリーズ」を9月から量産を開始。新製品を10月4日から7日に幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2016」に展示する。

自動車市場では、自動運転に向けた動きが加速しており、周辺検知として車載カメラの標準装備が進んでいる。そのためには大量のデータ伝送が可能な高速差動インタフェース(I/F)が必要で、民生市場で実績があるEthernetの車載版「BroadR-Reach(100Mbps)」の導入が進んでいる。

村田製作所では、自動車の制御系I/F「CANBUS/FlexRay」用コモンモードチョークコイルで培った巻線技術をベースに、ワイヤ間の静電浮遊容量バランスをコントロールすることで、「モード変換特性」などの必要な特性を実現。これまでの「CANBUS/FlexRay」に対応したシリーズに加え、今回開発した「DLW43MHシリーズ」の商品化により、自動車の運転支援用途に貢献していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ