【BMW i3 改良新型】航続70%アップの390km

エコカー レスポンス

ビー・エム・ダブリュー(BMW)は、航続距離の延長を実現した電気自動車『i3』の改良新型を、10月1日から販売する。9月27日、東京都内で発表記者会見が実施された。

新型改良は大容量バッテリーの搭載により、航続距離を、JC08モードで従来比70%アップの390kmとした。390kmは中央道経由で東京〜名古屋間の距離。東名高速経由なら30kmほどのおつりがくる。レンジエクステンダー装備車ならさらに121km延長でき、航続511kmは新東名経由で東京〜大阪に相当する。

i3は、「大都市における持続可能なモビリティ」を提供するBMWのサブブランド「BMW i」の電気自動車として2014年4月に販売を開始した。

改良新型の価格は従来仕様の標準装備を見直すことで、据え置きの本体価格499万円からとした。クリーンエネルギー自動車補助金は最大36万5000円を受給可能で、こちらは従来の最大23万9000円から増えている。

  • 高木啓
  • BMW、i3 改良新型を発表 〈撮影 高木啓〉
  • ペーター・クロンシュナーブル代表取締役社長 〈撮影 高木啓〉

関連ニュース

goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ