【CEATEC 16】日立製作所が4年ぶりに出展へ…車両入退場管理システムなど

業界 レスポンス

日立製作所は、10月4日から7日までの4日間、幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される「CEATEC JAPAN 2016」に出展する。

これまで「最先端IT・エレクトロニクス総合展」として開催されてきたCEATEC JAPANは、今年から「つながる社会、共創する未来」をテーマにした「CPS/IoT Exhibition」として生まれ変わる。これを受け日立は、2012年以来4年ぶりに出展し、幅広い事業領域で蓄積してきたオペレーション・テクノロジーとITの融合で、IoT関連ソリューションの開発と容易なカスタマイズを可能とするIoTプラットフォーム「Lumada」を紹介する。

また、接客や案内サービスを行うヒューマノイドロボット「EMIEW3」をはじめ、日立グループのIoT関連の幅広い取り組みやソリューションを紹介する。

「快適な移動」ゾーンでは、歩道を自律走行する次世代パーソナルモビリティ「ROPITS」、接客や案内サービスを行うヒューマノイドロボット「EMIEW3」を中心に、誰もが効率良く快適に移動可能な、環境負荷の低い交通インフラを実現する技術を紹介する。

「安全・安心な社会」ゾーンでは、車両入退場管理システムや指静脈入退室管理システムなど、多様化・増大する脅威からまちを守る技術を紹介する。

CEATEC JAPAN2016には、日立グループのクラリオンも出展する。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ