マツダ、新旧2台のクーペを展示…DESIGN TOUCH 10月14日から

モータースポーツ レスポンス

マツダは、10月14日から東京ミッドタウンで行われる「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2016」に出展、『MX-5 RF』および『ルーチェ・ロータリークーペ』を展示する。

Tokyo Midtown DESIGN TOUCHは、東京ミッドタウン全体を会場にして行われる「デザインを五感で楽しむ」をコンセプトにした誰もが参加できるイベント。5年連続で出展するマツダは「マツダデザインエレガンス」をテーマに、今秋日本で予約販売開始予定のマツダ『ロードスター RF』の北米仕様モデル『Mazda MX-5 RF』、1969年に発売したマツダ初の前輪駆動車『ルーチェ ロータリークーペ』、流麗なクーペデザインを追い求めたクルマ2台を展示する。

さらに、視覚だけでなく、感性に訴えかけるブランド体験を提供するために、資生堂と共同開発した、マツダのデザインテーマ“魂動(こどう)"の世界観を表現したフレグランス「SOUL of MOTION」も出展。そのほか、10月15日、16日、22日、23日には、「マツダデザインの歴史、デザイナーとエンジニアの共創」をテーマとした開発者によるトークセッションを開催する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ルーチェ・ロータリークーペ
  • ルーチェ・ロータリークーペ
  • ルーチェ・ロータリークーペ
  • SOUL of MOTION
  • 展示イメージ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ