【日産 セレナ 新型】発売1か月で2万台を受注…7割がプロパイロットを装着

業界 レスポンス

日産自動車は、新型『セレナ』の受注が、発売後約1か月を経過した9月26日時点で月間販売目標の2.5倍となる約2万台に達したと発表した。

新型セレナで初搭載した同一車線自動運転技術「プロパイロット」については、約7割が装着。足で開けることができるスライドドア「ハンズフリーオートスライドドア」も7割以上が装着している。

また、今回新規設定したエクステリアカラーの「2トーンカラー」も、全体の約2割が選択。当初計画の約2倍のユーザーが購入している。なお、購入年齢層は30〜40代が6割以上を占め、前型モデル同様、ファミリーカーとしての人気の高さも維持している。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 日産 セレナ プロパイロットイメージ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ