【CEATEC 16】NEDO、高度道路交通などによる「超スマート社会」を紹介

テクノロジー レスポンス

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、10月4日から7日まで、幕張メッセ(千葉市)で開催される「CEATEC JAPAN 2016」に出展する。

展示ブースでは「NEDOの技術で支える未来のIoT社会」をテーマに、社会像を「超スマート社会」と位置づけ、その実現を支えるためのデバイス技術、ソフトウェア技術、IoTアプリケーション事例を紹介する。

NEDOでは、2016年度から新たに「IoT推進部」を設置し、「超スマート社会」の実現を強力に推進するため、多くのIoT関連研究開発プロジェクトに取り組んでいる。今年のNEDOブースでは、「NEDOの技術で支える未来のIoT社会」をテーマに、「超スマート社会」の基盤となるテーマの中から、「新たなものづくり」「地域包括ケア」「高度道路交通」「おもてなし」の4つにフォーカスし、デバイス技術、ソフトウェア技術、IoTアプリケーション事例など関連プロジェクトの成果の一部を展示する。

また、NEDOブースへの来場者に対しツアー形式で展示内容を案内する「NEDOブースツアー」を実施する。これらを通じて、NEDOが未来のIoT社会の実現に向けて挑戦している姿とともにNEDOの最新研究開発成果を分かりやすく情報発信する。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ