【パリモーターショー16】フェラーリ GTC 4 ルッソ に「T」…V8と後輪駆動で軽量化

新車 レスポンス

イタリアの高級スポーツカーメーカー、フェラーリが9月29日(日本時間9月29日夕方)、フランスで開幕するパリモーターショー16で初公開する『GTC 4ルッソT』。従来のV12+4WDに、V8+FRという新たな選択肢が加わった。

同車は、フェラーリ『FF』の大幅改良モデル、『GTC 4ルッソ』に追加された新グレード。V型12気筒ガソリンエンジンを積むGTC 4ルッソに対して、GTC 4ルッソTはダウンサイズのV型8気筒ガソリンエンジンを搭載するのが特徴。

V8パワートレインは、フェラーリ『カリフォルニアT』用をベースにしたユニット。3.9リットル(3855cc)V型8気筒ツインターボは専用チューンを受けており、最大出力610ps/7500rpm、最大トルク77.5kgm/3000-5250rpmを発生する。

駆動方式は、GTC 4ルッソの4WDに対して、GTC 4ルッソTでは、FR(後輪駆動)になる点も、大きな特徴。フェラーリによると、このパワートレインと後輪駆動の組み合わせが、大幅な軽量化にも貢献しているという。

また、4WS(リアホイールステアリング)の採用によって、俊敏性とレスポンスに優れた走行性能を追求。SCM-Eサスペンション、ESP 9.0、および第3世代サイドスリップコントロール(SSC3)という最新鋭の電子制御システムとともに、リアホイールステアリングシステムも統合されている。

  • 森脇稔
  • フェラーリ GTC 4ルッソT
  • フェラーリ GTC 4ルッソT
  • フェラーリ GTC 4ルッソT
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ