【パリモーターショー16】トヨタWRCプロジェクトに、マイクロソフトが参画

新車 レスポンス

トヨタ自動車は9月29日、フランスで開幕したパリモーターショー16において、マイクロソフトが2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)における「TOYOTA GAZOO Racing」のテクノロジーパートナーとして参画することで基本的合意に達した、と発表した。

トヨタは今後、マイクロソフトの技術を活用して、レース活動やチームデータ共有のための情報プラットフォームを開発。レース活動を強化する。また、極限走行の車両から得られる情報を集約し、最先端のデータ解析を行うことで、「もっといいクルマづくり」に向けたデータの研究、活用を行っていく。

具体的な協力領域として、走行中のデータ分析プラットフォームの開発がある。これは、走行に関わる各種情報を集約・可視化し、分析することで、レース活動にデータを活用すること。

また、チーム活動の情報共有システムの活用もある。クラウドを利用して、画像や動画などの各種素材をより円滑に共有できるようにすることで、効率的・効果的な情報発信活動を支援する。

さらに、ファンとのコミュニケーション強化として、クラウドを活用したファン向けサービスの提供や、イベントにおけるマイクロソフトの展示デバイス使用などを通じて、レース活動を魅力的かつ、スピーディーにファンに届けていく。

マイクロソフトとトヨタは、互いのビジョンを共有する重要なパートナー。2016年1月には、ビッグデータの収集、分析、利活用を目的とする「Toyota Connected, Inc.」を設立した。トヨタは、「今回のWRCにおけるテクノロジーパートナーシップは、従来からのマイクロソフトとの協力関係の上に成り立つもの」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • トヨタ ヤリス WRC テストカー(マイクロソフトのロゴ入り)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ