【CEATEC 16】運転集中度センシング…オムロンが紹介

テクノロジー レスポンス

オムロンは、10月4日から7日までの4日間、千葉・幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2016」に出展する。

今回のオムロンブースでは、機械に人の知恵を与えることで個人や社会、モノづくりの現場に適したソリューションを提供する「+Think」技術による最新の未来テクノロジーを公開。

今回のメインステージでは、最先端のAI(人工知能)技術によって進化した卓球ロボット「フォルフェウス(FORPHEUS)」を通じ、オムロンが目指す「+Think」による「人と機械が互いに成長する」未来の姿を紹介する。続く各コーナーでは、オムロンが特に注力する「モノづくり」、「ヘルスケア」、「モビリティ」分野において「センシング&コントロール+Think」で解決すべき社会的課題への取り組みを、動作モデルやプレゼンテーションで紹介する。

「モビリティ」 コーナーでは、より安全な交通社会と自動運転の実現加速に向けドライバーの状態に着目したオムロン独自のセンシング技術を紹介する。「ドライバー運転集中度センシング技術」のデモンストレーションを通じた自動運転車の制御体験や、自動運転に不可欠な「人センシング」技術をアピールする。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ