コマツの建機稼働管理システムにISIDの知的保全技術を適用

テクノロジー レスポンス

電通国際情報サービス(ISID)は、コマツの建機稼働管理システム「KOMTRAX Plus」のデータ解析業務の高度化を目的に、ISIDの提供する知的保全技術を適用開始したと発表した。

この技術は、コマツの無人ダンプトラック運行システム「AHS」をはじめとする各種建設機械の稼働データ解析に活用、高精度な故障予測に基づくダウンタイム最小化やオペレーションコストの最適化に貢献する。

ISIDの知的保全ソリューションは、製品や設備に組み込まれたセンサーやコントローラからの膨大な稼働監視データを用いて、動作条件や設置環境などに応じた状態変化を、複数の変数を組み合わせて多面的に分析する。これによって従来の手法では検知できなかった故障予測や残寿命期間の予測などを可能とするソリューション。

ISIDは、2014年にこの分野での先進技術とノウハウを保有する米国プレディクトロニクスと資本・業務提携し、世界最先端の分析・予測技術を用いたデータ解析サービスやコンサルティングサービスを国内製造業向けに提供している。

コマツは今後、従来の解析手法に加えてこの技術を活用することで、より高精度な故障予測を実現し、ダウンタイムの最小化や製品・サービスの付加価値向上を目指す。当初は、鉱山などの野外環境で稼働するダンプトラックの稼働データ解析に適用し、その後、適用範囲を拡大していく計画。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ