新名神、東海環状道の開通効果---いなべ市の産業集積地から港湾まで19分短縮

業界 レスポンス

国土交通省とNEXCO中日本は、8月11日に開通した新名神高速道路・四日市ジャンクション(JCT)〜新四日市JCT、東海環状自動車道・新四日市JCT〜東員インターチェンジ(IC)の交通状況を発表した。

それによると新名神高速道路・東海環状自動車道の利用交通量は、開通後1カ月間(8月12日〜9月11日)で1日当たり平均約3700台の利用があった。1日あたりでは、約3000〜5200台が利用している。

開通区間隣接の伊勢湾岸自動車道(みえ朝日IC〜四日市JCT)、東名阪自動車道(桑名IC〜四日市JCT〜四日市東IC)の日交通量は、開通1週間前比較でほぼ横ばい。

沿線地域では、開通を見据え相次いで企業の進出が決定している。今回の開通により、いなべ市内の産業集積地から港湾までの所要時間が約19分短縮した。立地企業では、物流・トラック輸送の生産性向上が期待されるとしている。

  • レスポンス編集部
  • 新名神高速道路・四日市ジャンクション(JCT)〜新四日市JCT、東海環状自動車道・新四日市JCT〜東員インターチェンジ(IC)の交通状況
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ