【パリモーターショー16】ランドローバー ディスカバリー 新型、クリーンディーゼル設定

新車 レスポンス

英国の高級SUVメーカー、ランドローバーが9月29日、フランスで開幕したパリモーターショー16で初公開した新型『ディスカバリー』。同車に、クリーンディーゼルが設定される。

新型ディスカバリーのディーゼルエンジンは、「TD6」と呼ばれる3.0リットルV型6気筒ターボ。ジャガー・ランドローバーの主要車種に、幅広く搭載されているユニット。

新型ディスカバリーの場合、最大出力258ps、最大トルク61.2kgmを引き出す。61.2kgmの豊かな最大トルクは、ガソリンスーパーチャージャーの45.9kgmに、15.3kgmもの差を付ける。

このディーゼルは、シングルターボと摩擦を低減するセラミックボールベアリング技術を採用した高効率の設計が特徴。ランドローバーによると、あらゆる速度域でスムーズかつ瞬時のパワーを発揮するという。

トランスミッションは、ZF製の8速AT。駆動方式はフルタイム4WD。0-100km/h加速は8.1秒、最高速は209km/hと、ガソリンスーパーチャージャーの7.1秒、215km/hに対して、遜色ないパフォーマンスを持つ。

  • 森脇稔
  • ランドローバー ディスカバリー 新型
  • ランドローバー ディスカバリー 新型
  • ランドローバー ディスカバリー 新型
  • ランドローバー ディスカバリー 新型
  • ランドローバー ディスカバリー 新型
  • ランドローバー ディスカバリー 新型
  • ランドローバー ディスカバリー 新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ