【パリモーターショー16】アウディ RS3 セダン、強靭な足回り

新車 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、アウディが9月29日、フランスで開幕したパリモーターショー16で初公開した『RS3セダン』。400hpのパワーを受け止めるのが、強靭なシャシーだ。

RS3セダンには、プログレッシブステアリング、4リンク式リアサスペンション、標準モデルよりも車高を25mm下げたサスペンションチューニングを採用。直噴2.5リットル直列5気筒ターボ「TFSI」エンジンの最大出力400hpのパワフルさに見合う足回りとした。

ブレーキディスク径は、フロントが370mm。ライニング面積を広くとった8ピストンキャリパーとの組み合わせにより、優れた制動力を発揮する。リアのブレーキディスク径は310mm。フロントのブレーキに関しては、オプションでカーボンファイバーセラミック製ディスクが選択できる。

ホイールとタイヤは、19インチホイールと235/35タイヤの組み合わせが標準。フロントについては、255/30タイヤがオプション設定された。

アウディは、「RS3セダンは、これらのシステムによって、ストレートから素早くコーナーへ進入し、正確にラインをトレースすることが可能」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • 【パリモーターショー16】アウディ RS3 セダン、強靭な足回り
  • アウディ RS3 セダン
  • アウディ RS3 セダン
  • アウディ RS3 セダン
  • アウディ RS3 セダン
  • アウディ RS3 セダン
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ