【CEATEC 16】三菱電機、次世代自動車運転支援技術を紹介

テクノロジー レスポンス

三菱電機は、10月4日から7日まで幕張メッセ(千葉市)で開催される「CEATEC JAPAN 2016」に出展する。

「スマートモビリティ」では、ITを活用した車両機器と地上設備の連携により、鉄道システム全体の省エネルギー化に貢献する鉄道トータルエネルギーソリューションを紹介する。

また、次世代自動車運転支援技術として3Dヘッドアップディスプレイの実機デモ、マルチボンディングディスプレイを用いたHMIデモ、運転者の状況を把握するドライバーセンシングデモを行う。

「スマートライフ」では、街全体の省エネや快適な暮らしをサポートするEMS(エネルギーマネジメントシステム)サービス「ダイヤプラネット タウンEMS」のテレビを用いた各種サービスのデモと、尼崎市の納入事例スマートタウン「ZUTTOCITY」を紹介する。

「次世代コミュニケーション」では、話した言葉を指でなぞった軌跡に表示する音声認識表示技術「しゃべり描きUI」のタブレット端末を用いたデモを行う。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ