【トヨタ KIROBO mini】片岡主査、「海外展開は、和の心がどう受け止められるか」

業界 レスポンス

トヨタ自動車は10月3日、コミュニケーションパートナーと呼んでいる対話型ロボット『KIROBO mini』の商品化を発表した。系列販売店で扱い、今冬から東京都と愛知県で先行販売した後、2017年に全国展開する計画だ。

KIROBO miniは、13年から15年にロボット宇宙飛行士として国際宇宙ステーションに滞在した『KIROBO』をモチーフに、対話に焦点を当てて開発した。人間との対話を通じで語彙を増やすなど、「成長するパートナー」としての機能も重視している。

当面は販売数量なども手探りの状態にあり、国内のみでの扱いとなる。英語バージョンなどによる海外展開の可能性について、開発責任者である片岡史憲・MS製品企画部主査は「日本人にはモノに魂が宿るといった独特の和の心がある。KIROBO miniはそうした日本古来の考え方を宿しているので、それがどう海外の方に受け止められるかだ」と指摘する。

そのうえで「思いやりの心といった情緒的な価値に重きを置いているが、外国ではもっとハード面での機能を求められるような気もする。(海外展開は)そうした点などを調査したうえで、検討していきたい」と話しており、将来の海外進出に含みをもたせている。

  • 池原照雄
  • トヨタ KIROBO mini《撮影 池原照雄》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ