WCOTY「アーバンカー賞」、ノミネート7車種…スズキが2台

業界 レスポンス

WCOTY(ワールドカーオブザイヤー)主催団体は9月29日、フランスで開幕したパリモーターショー16において、「ワールドアーバンカー」賞の第1次ノミネート7車種を公表した。

WCOTY主催団体は5月上旬、2017年からワールドアーバンカー賞を設けると発表。ワールドアーバンカー賞は、世界の人口の50%以上が、都市部に集中していることに着目して、新設される賞。都市に似合う車を選ぶ賞となる。

またこの割合は、今後増えることが予想されている。WCOTY主催団体では、ワールドアーバンカー賞が、自動車メーカーにも受け入れられると分析する。

ワールドアーバンカー賞の第1次ノミネート7車種は以下の通り。

BMW i3 (94 Ah)

シトロエン C3 Eメアリ

フォードKAプラス

スマート・ブラバス

スマート・カブリオレ

スズキ・バレーノ

スズキ・イグニス

日本メーカーからは唯一、スズキが選出。『バレーノ』と『イグニス』の2台が、第1次ノミネートにリストアップされた。同じくスマートも2車種がノミネート。また、BMW『i3』とシトロエン『C3 Eメアリ』は、EVとなる。

  • 森脇稔
  • スズキ イグニス 欧州仕様
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ