【CEATEC 16】前年より22%増の648社・1710小間が出展

業界 レスポンス

CEATEC JAPAN実施協議会は、10月4日から10月7日までの4日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催する「CEATEC JAPAN 2016」に前年同期比22%増となる648社・団体が1710小間を出展すると発表した。

来場者数は4日間の会期中15万人を見込む。

同協議会は、情報通信ネットワーク産業協会、電子情報技術産業協会、コンピュータソフトウェア協会の3団体で構成する。

今年で17回目を迎えるCEATEC JAPANは、「IT・エレクトロニクスの総合展示会」だったのを「CPS/IoT Exhibition」とする。未来を見据えたコンセプトや、新しいビジネスモデルを発信する場として、ライフスタイルと産業構造を変える可能性を持つCPS/IoTの「テクノロジーショーケース」に生まれ変わる。

展示会場を先端技術の活用シーンごとに「社会エリア」、「街エリア」、「家エリア」、「CPS/IoTを支えるテクノロジー・ソフトウェアエリア」の4つに分け、将来的にCPS/IoTがどのようにライフスタイルを変えていくのかが体感できる構成とする。CPS/IoT時代に向けたキーノートスピーチをはじめ、アメリカ、ドイツなどの最新動向、人工知能(AI)やインダストリー4.0、フィンテックなど、多様なテーマで展開される137本のコンファレンスを実施する予定。

今回のテーマは「つながる社会、共創する未来」。人工知能やフィンテック、ロボティクスなど、先端技術をつなげるだけでなく、業種や産業を超えた連携による事業創出、世界各国との政策連携なども含めた「つながり」を生み出す場を志向する。

  • レスポンス編集部
  • 幕張メッセ(資料画像)〈撮影 高木啓〉
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ