ETCバー開放の実験…伊勢道・伊勢関ICと東海環状道・関広見IC 10月11日から

テクノロジー レスポンス

中日本高速道路は、料金所入口ETCレーン発進制御バーを開放する実験を実施すると発表した。

10月11日から11月11日まで、伊勢自動車・伊勢関インターチェンジ(IC)、10月24日から11月24日まで東海環状自動車道・関広見ICで、それぞれ料金所入口ETCレーンの発信制御バーを開放運用する。

実験期間中は、入口ETC専用レーンの発進制御バーは開放したままとなる。出口レーンは従来通り、発進制御バーが開閉する。

社会資本整備審議会 道路分科会 国土幹線道路部会の中間答申「高速道路を中心とした『道路を賢く使う取り組み』」で、「賢い料金所」の導入を目指すとされた方針に基づいたもの。

  • レスポンス編集部
  • 左:通常時のETCレーン発進制御バー開閉 右:実験中のETCレーン制御バー開放
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ