【CEATEC 16】ホンダ、3Dプリンター部品活用のマイクロEV

業界 レスポンス

ホンダの今回の出展テーマは「オープンイノベーションによるコトづくり」で、外部企業との連携による新たなモビリティの提案に力点を置いている。

展示車両は、2013年から実証実験を行っている1人乗りマイクロEV(電気自動車)の『MC-β』を「鳩サブレー」でおなじみの豊島屋(神奈川県鎌倉市)の配送用モデルに仕上げている。バックドアおよびリアピラー用のエンブレムなどを3Dプリンターを活用して製作した。

これら3Dプリンターによる部品は、カブク(東京都新宿区)がデザインを含めて担当した。ホンダは近距離搬送に対応したプラットフォームとして、こうしたカスタマイズEVを提案していく方針だ。

  • 池原照雄
  • ホンダ 3Dプリンターによる豊島屋用のバックドア《撮影 池原照雄》
  • ホンダのCEATECブース《撮影 池原照雄》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ