【ITS世界会議16】ゼンリン、自動運転実現に向けた地図ソリューションを紹介[事前]

テクノロジー レスポンス

ゼンリンは、10月10日から14日まで豪州で開催される「第23回ITS世界会議メルボルン2016」にて、ITSジャパンの展示コーナー「JAPAN PAVILION」内にブースを出展。ダイナミックマップの具現化と、ADAS/自動運転機能へ向けた地図ソリューションの取り組みを紹介する。

ゼンリンが取り組んでいる「ZGM Auto」は、3次元高精度空間データベース「ZGM HD for Sensing」、道路ネットワークデータ「ZGM NW for Horizon」で構成する自動運転向け地図ソリューション。2020年の自動運転機能の実現に向けた開発・整備の取り組みを紹介する。

自動運転機能の実現には、常に変化する道路上の状況を動的情報として地図データベースを連携させる機能や、地図の変化点情報をタイムリーに反映・提供することが期待されている。今回、日本IBMの協力のもと、IBMクラウドを基盤とした自動車業界向けのIoTソリューションを利用し、車両の走行データ(プローブ情報)を集約・分析・活用する研究開発の取り組みを紹介する。

また、2016年6月にゼンリンなど15社が出資して設立した、ダイナミックマップ基盤企画株式会社の取り組みも紹介する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ