【インターモト16】カワサキ、Ninja1000 など2017年モデル6機種を出展

モーターサイクル レスポンス

川崎重工業は、10月4日にドイツ・ケルン市で開幕した「インターモト2016」に、欧州向け2017年ニューモデル6機種を出展する。

今回、スポーツツアラー「Ninja1000」(欧州名=Z1000SX)を出品する。ハイパフォーマンスとアグレッシブ・スタイリングのスーパースポーツに、実用的な機能を加えたスポーツツアラー。LEDヘッドランプを採用することで、シャープな印象とした。鋭いスロットルレスポンスと力強い中速回転域の加速が特長の1043cc水冷4ストローク並列4気筒エンジンは、ECUプログラムを変更、スムーズなエンジン特性としてコントロール性と快適性を高めた。風防性能を向上させる新形状のスクリーンとフェアリングや、座面を大きくしサポート性を高めたシートなど、ツーリングに適した実用装備を充実させた。

オールラウンドスポーツ「Ninja650」も出品する。スポーティさと快適性をバランスさせた、オールラウンドスポーツ。軽量、コンパクトな649cc水冷4ストローク並列2気筒エンジンは、低中速回転域での力強いトルクと俊敏なスロットルレスポンスが特長。

また、Ninjaシリーズのフラッグシップとして、限定生産の公道向けモデル「Ninja H2 カーボン」や、クローズドコース専用モデル「Nija H2R」を出品する。スーパーチャージドエンジンによる高い加速力と高度なプログラムを用いたエンジン&シャーシ総合マネージメントパッケージ「KCMF(カワサキ コーナリング マネージメント ファンクション)」により、さらに高次元のスポーツライディングが可能となる。

このほか、スーパースポーツ「Ninja ZX-10R」のバリエーションモデルとして「Ninja ZX-10RR」を出品する。エンジンの仕様変更や、イタリアのホイールメーカーであるマルケジーニとの共同開発による新型アルミ鍛造ホイールを採用、サーキット性能の向上を図った。

カワサキを代表するZシリーズの最大排気量モデル「Z1000」も出品する。ECUプログラムの変更でスムーズなパワー特性とするとともに、欧州の排ガス規制であるユーロ4に適合する。サスペンションやブレーキのセッティング変更により、アグレッシブなマシンキャラクターを生かしつつコントロール性を高めた。

  • レスポンス編集部
  • インターモト2016 source: Intermot
  • Ninja1000 source: Intermot
  • Z1000SX source: Intermot
  • Ninja650 source: Intermot
  • Ninja H2 カーボン source: Kawasaki
  • Ninja ZX-10RR source: Intermot
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ