自動走行の将来像を明確に…国交省と経産省がワーキンググループを設置

テクノロジー レスポンス

国土交通省と経済産業省は、一般道路での自動走行など、自動走行進化の将来像を明確化するため、「自動走行ビジネス検討会」が「将来ビジョン検討ワーキンググループ」を設置してが検討を開始すると発表した。

国交省と経産省は、日本の自動車産業が、成長が見込まれる自動走行分野で世界をリードし、交通事故など、社会的な課題解決に貢献するために必要な取り組みを産学官オールジャパンで検討するため、2015年2月に共同で「自動走行ビジネス検討会」を設置した。

今回、同検討会は、一般道路での自動走行を中心に検討し、自動走行進化の将来像を明確化することで、実現に必要な協調領域の取り組みを整理するため、その実務的な検討を行う「将来ビジョン検討WG」を設置した。

  • レスポンス編集部
  • 日産 自動運転公道テストの実験車両(参考画像)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ