コンチネンタル、タイヤ空気圧センサーの累積生産2億ユニット

業界 レスポンス

ドイツに本拠を置く自動車部品大手、コンチネンタルは9月中旬、タイヤ空気圧センサーの累積生産台数が2億ユニットに到達した、と発表した。

コンチネンタルは16年前、タイヤ空気圧センサーを初めて開発。2002年に生産を開始した。累積生産台数2億ユニットは、生産開始からおよそ14年で達成した記録となる。

コンチネンタルは、直接測定式タイヤ空気圧モニタリングシステムの優位性を確信し、これに適したセンサーの生産に重点を置く。直接測定式は、各タイヤの内部に組み込んだセンサーをベースにしたシステム。この方式なら、正確な空気圧をすばやく直接的に収集して、必要な情報をただちに提供できる。

市場もまた直接式測定システムの優位性を認めている。例えば欧州では、タイヤ空気圧モニタリングシステムを搭載している車の3分の2はすでに直接測定式。コンチネンタルによると、この数値は、北米では85%を超えるという。

コンチネンタルのボディ&セキュリティ事業部門、アンドレアス・ヴォルフ部長は、「あらゆるクラスの車両に利用できるよう、タイヤ空気圧センサーの技術開発を続け、そのコストを最適化してきた。成功を維持して2億ユニットという生産台数を達成したことを、非常にうれしく思う」とコメントしている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ