路肩停車の高速バスにトラックが追突、車外のバス運転者2人が死亡

社会 レスポンス

2日午前2時5分ごろ、愛知県岡崎市内の新東名高速道路上り線で、路肩に停車していた路線高速バスに対し、後ろから進行してきた大型トラックが追突する事故が起きた。この事故で車外に出ていたバスの運転者2人が死亡。客1人も負傷している。

愛知県警・高速隊によると、現場は岡崎市駒立町付近で片側2車線の直線区間。大阪から東京方面に向かっていた路線高速バス(大型観光バス)は、車両故障を起こして道路左側の路肩へ停車。運転していた50歳と53歳の男性2人が車外に出て点検を行っていたところ、第1車線を後ろから走行してきた大型トラックが追突した。

この事故で双方の車両は中破。バスの運転者2人は車体と側壁の間に挟まれ、全身強打が原因でまもなく死亡。乗客27人のうち、22歳の女性1人が打撲などの軽傷を負った。トラックを運転していた福岡県福岡市内に在住する57歳の男も軽傷を負ったが、警察は後に自動車運転死傷行為処罰法違反(過失致死傷)容疑で逮捕している。

トラックは減速しない状態でバスに突っ込んでいたとみられ、警察では居眠りや漫然運転が事故につながった可能性が高いとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ