ルネサス、車車間・路車間通信SoC2品種をサンプル出荷---トヨタが採用

テクノロジー レスポンス

ルネサス エレクトロニクスは、車車間・路車間通信(V2X)システム向けSoC(システム・オン・チップ)2品種を10月6日からサンプル出荷を開始した。

新製品は、日本向けの760MHz帯無線通信用SoC「R-Car W1R」と、日米欧のV2Xシステムに必要となる高性能セキュリティエンジンを搭載したV2X向け通信プロセッサ用SoC「R-Car W2H」。

新製品は、同社が2015年に出荷開始した欧米向け5.9GHz帯無線通信用SoC「R-Car W2R」と組み合わせることで、日米欧それぞれのV2X規格に対応したシステムを容易に開発できる。開発用スタータキットも利用することで、V2Xシステム開発期間を大幅短縮できる。

日本の無線通信規格に準拠したR-Car W1Rは、トヨタ自動車が2015年10月から日本で運用を開始した車車間・路車間通信システム「ITS Connect」に採用されている。デバイスは、デンソーのITS車載機に採用されており、トヨタのクラウン、プリウス、レクサスRXに装着され、路車間通信による交差点での見通し外車両や信号見落としに対する注意喚起、車車間通信による通信利用型レーダークルーズコントロールなどをサポート、運転手の安全運転を支援するのに貢献している。

新製品のサンプル価格は、R-Car W1Rが1個4000円(消費税別)、R-Car W2Hが4800円(同)。R-Car W2Hの量産は、2017年10月に開始、2019年には月産30万個を生産する計画。

  • レスポンス編集部
  • 車車間・路車間通信システム向けスタータキット
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ