【F1 日本GP】いよいよ開幕、フリー走行1回目はニコ・ロズベルグがトップ

モータースポーツ レスポンス

2016年のF1第17戦日本GPが7日、いよいよ鈴鹿サーキットで開幕。フリー走行1回目はニコ・ロズベルグ(メルセデス)がトップタイムをマークした。

今日は朝から天気も良く、気温22度と過ごしやすいコンディション。早朝のゲートオープン前から多くのファンが列を作り、開幕の瞬間を今か今かと待ちわびていた。グリーンシグナルが点灯すると各車続々とコースインし、それぞれのテストプログラムをこなしていた。

今回、地元レースを迎えるマクラーレン・ホンダ勢も開始早々にフェルナンド・アロンソ、ジェンソン・バトンの順でコースイン。スタンドから拍手も沸き起こった。

2台ともチェックラップを終えて順調に走行していたが、開始22分のところでアロンソがスプーンカーブの一つ目でスピン。そのままタイヤバリアにヒットしてしまった。リアウイングの一部を破損したものの、大きなダメージはなくそのまま自走でピットへ。すぐに修復して走行を再開していた。

トップタイムをマークしたのは現在ポイントリーダーのロズベルグ。セッション序盤から早さをみせ、1時間を経過したところで1分32秒431のベストタイムを記録。2番手には僚友ルイス・ハミルトンが0.2秒差でつけた。

3番手にはセバスチャン・ベッテル、4番手にキミ・ライコネンとフェラーリ勢が背後を固めるが、メルセデスとは約1秒引き離される結果となってしまった。

マクラーレン・ホンダ勢はアロンソが1分35秒003で9番手。アクシデントがありながらも、最後はしっかりトップ10に入ってきた。一方、今季限りでレギュラーシートから外れることになるバトンは13番手タイム。午後のフリー走行2回目でどこまでタイムを伸ばしてくるのか、注目だ。

2016F1第17戦日本GP フリー走行1回目結果

1.ニコ・ロズベルグ(メルセデス)1分32秒431

2.ルイス・ハミルトン(メルセデス)1分32秒646

3.セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)1分33秒525

4.キミ・ライコネン(フェラーリ)1分33秒817

5.ダニエル・リチャルド(レッドブル)1分34秒112

6.マックス・フェルスタッペン(トロ・ロッソ)1分34秒379

7.ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)1分34秒530

8.セルジオ・ペレス(フォース・インディア)1分34秒767

9.フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)1分35秒003

10.バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)1分35秒381

  • 吉田 知弘
  • 2016F1日本GPフリー走行《画像 GettyImages》
  • 2016F1日本GPフリー走行《画像 GettyImages》
  • 2016F1日本GPフリー走行《画像 GettyImages》
  • 2016F1日本GPフリー走行《画像 GettyImages》
  • 2016F1日本GPフリー走行《画像 GettyImages》
  • 2016F1日本GPフリー走行《画像 GettyImages》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ