【WEC 第7戦富士】フォード GT 新型のレーサー、日本初公開へ

新車 レスポンス

米国の自動車大手、フォードモーターは10月10日、富士スピードウェイで10月14〜16日に行われる「FIA WEC(世界耐久選手権)第7戦 富士6時間耐久レース」において、新型フォード『GT』のレーシングカーを日本初公開すると発表した。

新型フォードGTは2015年1月、デトロイトモーターショー15で初公開。2006年の生産終了以来、9年ぶりに復活を遂げた。時代の要請に応え、新型は環境性能に配慮したスーパーカーとして登場。

ミッドシップには、3.5リットルV型6気筒ガソリンエンジンを、2個のターボで過給した新開発の「エコブースト」ユニットが収まる。最大出力は、600hp以上。トランスミッションは7速デュアルクラッチで、トランスアクスルレイアウトを採用した。

フォードモーターは2016年、この新型フォードGTを擁し、ルマン24時間耐久レースを含むWECをはじめ、世界のモータースポーツへ参戦開始。1966年のルマンでの勝利から、50周年のタイミングでの復帰となった。

この新型フォードGTのレーシングカーが10月14〜16日、「FIA WEC(世界耐久選手権)第7戦 富士6時間耐久レース」において、日本初公開を果たす。66号車の新型フォードGTのドライバーのひとり、ステファン・ミュッケ選手は、「日本、そして富士へ行くのが待ち遠しい」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • フォードGT 新型のレーシングカー
  • フォードGT 新型のレーシングカー
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ