NTTコム、日産「羅針盤」のセキュリティを強化

業界 レスポンス

NTTコミュニケーションズは、日産自動車が顧客向けコンテンツを提供するオフィシャルサイト「羅針盤」を、企業向けクラウドサービス「エンタープライズ クラウド」上で、10月から順次提供を開始する。

「羅針盤」に、NTTコムのクラウド基盤や、開発用途で活用する他社のクラウドサービスなどを一元管理できるポータル機能を利用することで、セキュリティ管理を含めたガバナンスを大幅に強化する。

日産のオフィシャルサイト「羅針盤」は、開設から年月が経過し、システム基盤の老朽化とともに、拡張性や柔軟性を欠いたオンプレミス環境などで運用されていた。システム基盤と接続する各ネットワークや、オフィシャルサイトから派生する関連サイトなどは個別に管理運用されており、セキュリティレベルのばらつき、故障発生時の切り分け時間の長期化、新規システム導入にかかる時間やコストの増加などにつながっていた。

日産は、これらの課題を解決するため、ネットワークとクラウド基盤の一元管理が可能で、新規システム導入にかかる時間やコストを削減できるNTTコムの企業向けクラウドサービス「エンタープライズ クラウド」で、オフィシャルサイト「羅針盤」を構築した。これにより、日産では、新しいWebコンテンツの設計や発想を制限されることなく、顧客に価値あるWebコンテンツを迅速に開発・提供する。

「羅針盤」に加えて、日産のオフィシャルサイトから派生する関連サイトや、それらのシステム基盤と接続している各ネットワークを一元的に運用管理することで、運用の効率化やセキュリティポリシー標準化を実現した。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ